「スプレッド」とは外為は二国間の通貨を売買の注文をして儲けを上げる商取引です。レモンもつ鍋

値は常時上がったり下がったりします。刑殺 路殺 ろさつ

それが為替です。包茎

ニュースサイトを見ているとレートの話題が流れる場合があります。

よく見るのが「今日のドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

これは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという事を意味するのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを言い表しています。

別の言い方をすると、取引には、買値と売値の2個の値が存在している事を表しています。

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表している取引業者も存在しています。

いつもは売値が低く設定されるものです。

買値は高く、売値は安くなっています。

この差分をスプレッドといいFX取引会社の収益のひとつとされています。

スプレッドはFX業者によって違います。

スプレッドの幅は投資家にとって負担になるので、低いFX業者をピックアップしたほうが優位です。

ただ、同じFX業者でも場面によってスプレッドの幅は拡大したり、縮小したりします。

例えば普段は円とドルの通貨ペアで1銭のスプレッドの広さだとしても、為替相場の上下動がかなり激しいケースでは1銭よりも大きくなったりします。

という事で、スプレッド幅が狭いのと合わせて変わらない事が大事です。

変化しないスプレッド幅を表示するFX会社も多くあったりします。

実際にFX業者の取引画面上で実際の市場を見なければ判別できないのですが、肝心な事です。

貴重な投資資金を投入してトレードするのだからエントリーの前に関心があるFX会社の新しい口座開設をいくつもしてスプレッドの狭さを点検しましょう。

同じ外貨でも、為替相場のボラティリティによってスプレッド幅は異なることがあります。

一般的には、インターバンク相場で取引量の多いペアではスプレッドの幅が小さく他のペアではスプレッドの差が広がる事がよくあります。