加盟店舗で全部の所有カードが決済可能なのではありません。カロリストン

□クレカ会社の契約店はだいたい多くのカード運営会社とライセンスを結んでいるんですが、いかんせん全部の商店でみなの運営会社の所有カードが決済できるんではありません。クリアネオ

例をあげていうと昔からある加盟店の際だとJCBの付いたそのクレカしか使用不可な状況もあるし、近頃の加盟店舗ならばVISA、MasterCardロゴのついているクレカだけしか決済できないときもあるでしょう。優光泉

ディスカバーといったカードの場合には、もっと決済できないお店が多いでしょう。ヒアロモイスチャー

どのブランドの所有カードが使用できるかをどのように判断したらいいのか?「ではどうやってどのブランドのクレカが使用できるかを見分けるといいのか?」といってみても正確に確かめるには該当店舗の方にお見せしてみるしかないていうのが正直なところ正しい答えです。シミウス

とはいえたいがいのお店やフードコートにはお店の見えるところなどに決済可能なクレジットカード会社の印がプリントされているシールが付けられているため「へーそこの店舗ではMasterCardが使えるんだな」というのが一目でわかるようになっているため心配しないようにしていただけるとよいと思います。モリンガ美臭美人

とはいっても、正確に加入管理が行き届いていないお店の場合には、ロゴマークが貼られているショップでも「うちではそのカードは使えません」なんて回答をされてしまうなんてこともないといえなくもなく、困惑してしまうこともなくもないです。生サプリ

できる限り全部の加入店舗でクレジットカードが切れるようにしたいのならば異種のブランド(インターナショナルな印)が入っている一般的なVISAカード、MasterCard、ダイナースカード、アメリカンエキスプレスカード、ライフカード、等のクレカを2枚以上は財布に入れておくようにするようお勧めします。ラチュール

(例:VISAカードを使っているならもう一枚はアメックスがついているクレカを財布に入れておくなど等)。デオプラスラボプラチナム

もっぱら国内ではVISA、マスターカード、JCBの3つの契約が書いてあるクレカをその都度携帯しておけば、間違いなくすべての加盟店舗でいずれかのクレカを渡すことができます。ピュアナース

クレジットカードをいつも財布に忍ばせて有効にキャッシュレス生活を続けていくには、しっかりとこれらのクレカを所有しておいて損はないと思います。